ガンガン稼げる男性の為の高収入求人情報サイト!


アルバイトから正社員、ドライバーから幹部候補まで北海道・東北・関東・東海・関西・中四国・九州・沖縄の男性の為の高収入求人情報が満載です。

オフィスで働く!重要なお仕事とは

2017.10.12

職種 | Webスタッフ

記事画像

■オフィスで働く!重要なお仕事とは

ここで紹介するのは、風俗店やキャバクラをサポートするお仕事です。
一般企業の会社員と同じくスーツにネクタイを締め、オフィスに出勤して働くのが特徴です。
一般企業と異なるのは、風俗店やキャバクラの男性スタッフがそうであるように、学歴や職歴などが一切不問であること。
それでいて、高収入が約束されています。

ここで紹介する仕事の給料は、25~30万円が相場です。
2016年、男性の大卒初任給が平均して20万円ほどであることを考え合わせてみると、その良さが実感できるかと思います。
では、その仕事とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

■ナイトワークのコンサルティング

ナイトワークのお店をサポートする仕事。
その中でも近年注目されているのは、この業界専門のコンサルティング会社の仕事です。
コンサルティング(Consulting)とは「相談すること」という意味の言葉です。
コンサルティング会社は風俗店やキャバクラから相談を受け、経営のサポートを行います。

例えば、風俗の業界では店舗を不要とするデリバリーヘルスなどの出張型のお店が、次々とオープンしています。
都市部になると、ひとつの地域に100以上の店舗が存在するという状況も珍しくありません。
しかも、店舗数はなお増加し続けています。

つまり、都市部では出張型のお店が熾烈な競争を繰り広げているということです。
どのお店も、多くの利用客をつかみたいと考えています。
しかし、全てのお店が軌道に乗るワケではなく、
「何が悪いのか、新規の利用客がなかなかつかない」
「利用客の数はそこそこあるものの、リピーターになってもらえず経営が安定しない」
このようなケースが少なくありません。

そこで登場するのが、コンサルティング会社です。
問題を抱えた風俗店から依頼を受け、何が原因なのかを見定め、改善のアドバイスを行います。
流行っていないお店を名店へと生まれ変わらせる。
その仕事を請け負うわけです。
コンサルティング会社の求人情報で目にするのは、まさにその仕事を行うコンサルタントを募集するものです。

「風俗業界の知識もないし、俺には無理だ……」と、思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに「お店の経営の分析を行い、名店へと生まれ変わらせる」というと、難しい仕事のように思われるでしょう。実際、簡単な仕事ではありません。
以下にコンサルタントの主な仕事を紹介します。

○ホームページや風俗サイトのチェック

出張型のお店にとっての「看板」であるホームページや、お店の広告を載せている風俗サイトのチェックを行います。
「多くの人が利用する適切な風俗サイトを選んでいるか」
「ホームページは見やすく、そして魅力的か」
主にこれらの点を見ます。
原因があるならば改善案を提示します。

○様々な助言を行う

地域の特性に合わせたお店のコンセプトの見直しなどを助言することがあります。
(例えば、東京の渋谷を中心に営業するデリバリーヘルスの場合、渋谷という「若者の街」に合ったコンセプトが必要です)

「女性キャストがなかなかリピーターを獲得できない」
という悩みを抱えるお店に対して、キャスト向けの「マニュアル」を作ることもあります。

これらの仕事をこなすには、インターネットに関する専門的な知識が必要です。
「マニュアル作成」などは風俗のサービスについて熟知していなければ作るのは難しく、大変な仕事であることは間違いありません。
だからこそ、高収入となるわけです。

コンサルティング会社の求人を見ると、コンサルタントの募集だけでなく「コンサルタント・アシスタント」も募集していることが分かります。
「俺には無理だ…」などと、諦めモードに入ってしまう必要はありません!

「インターネットや風俗業界を熟知していて、コンサルティングに自信がある」
という男性はコンサルタントの求人を、
「学びながら働き、ゆくゆくはコンサルタントとして活躍していきたい」という男性はアシスタントの求人を、それぞれ選んで挑戦できるというわけです。

■お店のホームページ制作

風俗やキャバクラといったナイトワークのお店を専門に扱うホームページ制作会社も男性向け求人を発信しています。
デリバリーヘルスやキャバクラのオリジナルホームページを作成し、その管理を行います。

出張型の風俗店はもちろん、あらゆるお店にとってホームページは「看板」の役割を担っています。
ホームページ制作会社では、新たにオープンするお店のホームページを制作し、あるいは営業中のお店のホームページをリニューアルすることで、お店に大きく貢献することになります。

求人に応募する際、資格や職歴は問われません。
ホームページ制作というといかにも専門的な知識が欠かせないようなイメージがありますが、コンサルティング会社と同様、入社してから働きながら学ぶことができます。
当然ながら、「WEBデザイナーとして働いたことがある」など仕事に活かせる経歴をお持ちの方は、より採用されやすい傾向にあります。
履歴書や面接でアピールしてみましょう。